睡眠の質を左右する枕の選び方

睡眠の質を左右する枕の選び方

枕は睡眠に大きく影響します。不眠の解消に枕を変えてみるのも一つの方法です。

 

人は寝ている時の体勢や姿勢で、睡眠の深さが左右されます。深い眠りにつくには、体に優しく負担の少ない体勢で寝ることが大切です。眠りやすい姿勢、体勢にすることにより不眠が解決するときがあります。寝つき良く、熟睡できる環境を作ってみましょう。

 

睡眠の質を良くするには自分に適した枕を選ぶことです。自分に合う枕とはどんなものでしょうか。枕には高さ、硬さ、放熱性が重要です。枕の高さと硬さが適切でないと不眠になったり、ひどい肩こりや頭痛に悩まされることになります。

 

寝ているときの首の位置や角度は、睡眠を大きく決定します。背骨全体の位置は首の位置と角度で決まります。脳からの神経はすべて首を通り脊髄へ脊髄から体全体へ行きわたっているので、首を圧迫することは神経を圧迫することとなるため睡眠中の首の位置が重要です。枕が睡眠中、さらに日中の体の調子に大きく影響します。しっかりと自分にあった枕を選びましょう。

 

枕は硬さと高さも重要です。枕が硬すぎると、頭や首の位置が落ち着かず不安定になります。逆にやわらかすぎると、頭が落ちてしまい寝ている時の姿勢、体勢が悪くなります。枕の高さが適当でないと、首の骨を圧迫してしまい、首と肩に負担をかけてしまいます。放熱性も重要です。枕の放熱性が悪いと、枕に熱がこもってしまい頭が熱くなり熟睡を妨げます。放熱性にすぐれた枕は、適度に熱を逃がし、さらに汗の湿気も逃がしてくれます。

 

枕選びは、普段立っている時の体勢や姿勢に近い状態で睡眠中過ごせる高さ、硬さ、放熱性のものを選びましょう。