薬局で買える睡眠改善薬

薬局で買える睡眠改善薬

なかなか眠れないと思った時に睡眠薬を使用したいと考えるかもしれません。しかし、睡眠薬や睡眠導入剤は専門医の処方がなければ手に入れることができません。これは不眠を効果的に解消するためには容量と用法を守らなければならないからです。

 

しかし、気にすることがあってなかなか眠れない、環境が変わって寝つきが悪い、寝具が違い眠れない、大きなイベントがあり緊張で眠れない、さらに睡眠が浅いなど一時的な不眠の症状はだれにでも現れます。そんな時は医師の診断を受けるまでもなく、一時的な不眠を改善したい時には「睡眠改善薬」があります。「睡眠改善薬」は一般のドラックストアや薬局で購入でき、一時的な不眠の症状を改善する効果があります。購入の際は、一人一日一個しか買うことができません。

 

睡眠改善剤として日本で最初に発売されたのが、エスエス製薬の「ドリエル」です。その後、日本ではいろいろな睡眠改善薬が販売されています。有名なのがグラクソ・スミスクラインから「ナイトール」です。どの薬も成分は塩酸ジフェンヒドラミンでその量が50rと同じなので、不眠を改善する効果は同じです。

 

睡眠改善薬と睡眠薬は入っている成分が大きく違います。「塩酸ジフェンヒドラミン」という抗ヒスタミン剤が主な成分です。脳を活発にする効果のあるヒスタミン剤を抗ヒスタミン剤によって抑制することで、脳に一時的に催眠効果を与えます。ちなみに一般的な抗ヒスタミン剤は、くしゃみや鼻水がでる花粉症や風邪を改善する効果があります。

 

睡眠改善薬の注意事項として、不眠治療を受診中の人は服用することはできません。睡眠改善薬は専門医の処方がないので自分で容量用法をしっかり守らなければなりません。