【絶対に守ってほしい】睡眠薬服用の注意事項

【絶対に守ってほしい】睡眠薬服用の注意事項

睡眠薬を服用するときには注意が必要です。原則として睡眠薬は医者の診断と処方箋がないと手に入れることができません。そして、薬を飲むときには、処方された容量と用法を守り、服用しなければなりません。容量、用法、回数などを勝手に変更しては、期待する睡眠薬の効果が現れません。悪性の副作用が発生したり、薬が効きすぎたり、効かなかったりします。自己判断は危険です。

 

服用するときにも注意が必要です。アルコールと一緒に薬を飲むと、薬の効果が大きくなる危険性があります。またカフェインの入っている飲み物と一緒に薬を飲むと、カフェインの覚醒作用に左右され、薬の効果が大きく低下することになります。

 

睡眠薬の効果が効いてるとき注意が必要です。薬が作用している状態は、突然、眠気が襲います。ですので車の運転や作業機械の運転は止めてください。眠気により思わぬ事故を起こしてしまうことがあります。

 

高齢者の方は特に注意が必要です。その理由は薬を分解するのに時間がかかるため、薬の効果や作用が若い人に比べ持続しやすいということです。日中まで薬が効いている状態があります。さらに、夜中にトイレのために起きた時、薬の作用と眠気で足元がおぼつかなくなり転倒の危険を伴います。

 

妊婦の方は薬を使用することができません。薬の副作用として胎児に影響を及ぼすからです。また糖尿病や高血圧症など持病を持っている方は、専門医と相談のうえ、睡眠薬の服用を決めなければなりません。

 

睡眠薬の副作用として、物事を忘れやすくなる健忘症になる可能性があります。不眠に対し薬で治療する薬物療法は、副作用を及ぼす危険性があります。少しでも薬に頼り過ぎないで、不眠を解消する方法が求められます。