睡眠導入剤にはどんな効果があるの?

睡眠導入剤にはどんな効果があるの?

不眠を解消するために使用されている薬を紹介します。睡眠薬は睡眠に関する症状を緩和する効果があり、作用時間と化学構造で分類することができます。作用時間の分類としては、時間の長いものから順に、長時間作用型、中時間作用型、短時間作用型、超短時間作用型に分けれれます。超短期作用型は睡眠導入剤と呼ばれています。

 

化学構造の分類としては、代表的な分け方が5つあります。抗ヒスタミン剤薬・シクロピロロン系・バルビツール酸系・チエノジアゼピン系・ベンゾジアゼピン系の5分類です。

 

一般的にアレルギーを抑制する薬である「抗ヒスタミン剤」は睡眠改善薬としても効果効能があります。

 

短時間で効果効能がでる睡眠薬は「ゾピクロン」という商品名アモバンがあり、シクロピロロン系の薬剤になります。

 

悪化している不眠など症状が重いときに用いられるのが、中枢神経を抑制する作用がある「バルピーツル酸系」の薬です。大量に使用すると麻酔効果があり、鎮痛のために使用される薬でもあります。商品名としては「ラボナ」がありますが、問題となる副作用の多さと強さから現在はほとんど用いられていません。

 

安全性が比較的高い睡眠導入剤としては、「チエノジアゼピン系」の薬剤です。有名な薬剤は「グッドミン」が商品名、一般名ブロチゾラムがあります。

 

最後は最も一般的に使用され、比較的安全な薬剤として不眠の治療に使われている商品です。不安や心配事などを抑制する効果がある「ベンゾジアゼピン系」の薬です。「ハルシオン」という商品名、広く知られている一般名はトリアゾラムという薬があります。

 

睡眠導入剤にはさまざまな種類があります。医師の診断の下、正しい容量を守って使用ください。