睡眠薬にはどんな種類があるの?

睡眠薬にはどんな種類があるの?

不眠を解消するには睡眠薬の投与や使用が有効です。睡眠薬には、効果作用が早いもの遅いものがあります。服用すると1時間程度で効果が現れ、薬の作用が2時間から4時間のものを、超短時間作用型の睡眠薬と言います。この薬は寝つきを良くする効果が高くなります。睡眠導入剤と呼ばれる所以です。

 

次に薬の効き始めが早く、薬の効果が5時間から10時間程度持続し作用する薬を、短時間作用型と言います。

 

さらに薬の効果が20時間以上持続し作用する薬を、中間作用型と言います。この薬は朝早く目覚めてしまう、早朝覚醒を抑制する薬になります。作用が長時間続くので、日中の眠気やふらつきの症状がでることがあります。

 

さらに長時間、薬の作用が持続するものを、長時間作用型といいます。一日中作用が持続するため、抗不安薬として使用され、うつ病や精神疾患の不眠に使用されます。

 

現在の主流は「ベンゾジアゼピン系」と「非ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬です。ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を使用すると、不安や心配事が緩和され精神的な緊張が緩みます。薬の成分がさらに血液の中でとどまると、筋肉がほぐれ体全体が楽になりリラックスすることができます。さらに血液中の成分の濃度が上昇すると、催眠効果が表れ眠気を引き起こすことになります。

 

寝つきが悪い、朝早く目を覚ますなど一言で不眠といっても様々な症状があります。そして睡眠薬にも様々なの種類があります。症状に合わせて適切に服用することが重要です。