これが睡眠を妨げていた!寝る前にやってはいけないこと

これが睡眠を妨げていた!寝る前にやってはいけないこと

睡眠をしっかりととるために重要なことは、寝る前の緊張状態を緩和し、心身ともにリラックスした状態に持っていくことです。まず就寝前にやってはいけないことを紹介します。

 

  • 脳が活性化するテレビゲーム、パソコン、スマートフォンなど
  • 覚醒効果のあるコーヒー、紅茶などカフェインの摂取
  • タバコ
  • 寝る前の食事
  • 明るい場所での作業
  • 高温のお湯での入浴

 

上記の寝る前にやってはいけないことを守ることと、寝るためのルーチン作業を決めると自然と眠りにつくことができます。ルーチン作業とは毎日決められたことをやることです。毎晩の寝る前に同じことをやり続けると、一つの作業がトリガーとなり脳が勝手に寝る準備を始めます。寝る前の自分のルーチンを決めることが大切です。

 

例えば寝る前に必ずハーブティーを飲む。自分の好きな本を数ページ読むなどです。このように一つの行動で脳に寝る時間ですよと伝えることができます。

 

さらに眠りを良くする工夫はいろいろとあります。何より大切なのが、心をリラックスさせることです。ゆっくりと温めのお湯に入浴することや、寝る前に過ごす部屋の照明を暗くして、リラックスできる音楽をぼんやりと聞くことがお勧めです。

 

寝る前には心と体をリラックスできる状態にすることを心掛けましょう。しかしリラックスすることにこだわり過ぎて、些細なことにイライラしないようにしましょう。