アロマでリラックスして睡眠を促す

アロマでリラックスして睡眠を促す

不眠を解消する手段として、手軽に始められる方法がアロマテラピーによる方法です。アロマテラピーの効果によりリラックスして睡眠を促します。

 

不眠の原因は交感神経が活発になっていて心や精神が常に緊張しているからです。よって心と精神をリラックスさせる副交感神経を活発にして、心と体をリラックスさせる必要があります。アロマテラピーの鎮静効果で副交感神経を優位にして、落ち着いた気分で睡眠へ導きます。

 

アロマテラピーは、植物から抽出された天然のオイルであるアロマオイルを活用して心と体を整える治療法です。アロマオイルは様々ないい香りがあります。ラベンダーの香り、ローズの香り、オレンジの香りなど様々です。オイルの気持ちの良い香りを嗅ぐことにより心と体をリラックスさせ治療します。

 

気軽にできる不眠解消のアロマテラピーは、ハンカチやティッシュにアロマオイルを数滴垂らし、枕元に起き気持ちのいい香りで眠ることです。

 

さらにアロマポットなどを使って部屋全体をお気に入りのアロマの香りで満たすと、一日の疲れが取れとてもリラックスした状態になります。アロマの香りはいろいろあるので、気分や体調によって選ぶことができます。

 

入浴時にもアロマテラピーはできます。湯船にアロマオイルを数滴垂らして、入浴中に気持ちのいい香りを嗅ぎます。アロマオイルのマッサージもリラックスできるのでお勧めです。アロマオイルを植物油で希釈しマッサージに利用します。原油のまま使用すると肌が荒れるので濃度を1%程度まで希釈して、マッサージに利用しましょう。