高齢者が不眠になる原因は?

高齢者の不眠原因

多くの人がが不眠で悩んでいます。とくに高齢になるにつれ、不眠に悩みを持った方が多くなります。その理由は高齢になるにつれ、少しずつ体や脳が変化していくからです。高齢者の方の睡眠のメカニズムを考えてみましょう。

 

まず高齢者の体の変化から説明します。高齢になるにつれ体温が変化します。人の体は夜寝る前に体温が高くなり、朝目覚めるときに体温は低くなっています。体温が低くなるにつれ眠気が出て睡眠をすることになります。高齢者の場合は、もともとの体温が低くなるので、一日の体温の差が出にくくなります。よって体温が低くなることにより眠気が誘発される程度も小さくなります。寝つきが悪くなる原因は、高齢による体温の低下と言われています。

 

さらに高齢になると「メラトニン」という睡眠を促すホルモンの分泌が極端に小さくなります。メラトニンは脳から分泌されるホルモンの一種で眠気を導く作用を持っています。この分泌量が下がると寝付きにくくなります。

 

さらに高齢になると眠りについても頻尿のため目が覚め、夜中にトイレに行かざるえません。途中で目が覚めてしまうと睡眠が浅くなりがちです。高齢になると体を動かさなくなることも、睡眠があまり取れない原因なります。若いときと比較してエネルギー消費量が減るからです。

 

ではどのようにして高齢者は不眠を解消すればいいでしょうか?まず太陽の光を浴びることです。太陽の光により、高齢者特有の体内サイクルのズレ、すなわち体温サイクルのズレを抑制します。体温サイクルと整えることにより、夜眠くなり、朝までしっかり眠りにつくことができます。

 

さらに日光のもと適度な運動をして、エネルギーを消費することも重要です。さらに太陽の光にはメラトニンを分泌させる効果があります。少なくなったメラトニンを太陽の力をかりて分泌を促し、睡眠サイクルを整えましょう。