妊婦の不眠はどうやって解消するの?

妊婦の不眠はどうやって解消するの?

不眠にはいろいろな方が悩まされます。とくに女性で妊娠すると不眠になることがあります。

 

まずは妊娠すると不眠になるメカニズムからお伝えします。妊娠して初めの3ヶ月間は「プロゲステロン」というホルモンの分泌が増えます。プロゲステロンは睡眠を促すホルモンで、夜は熟睡できる代わりに日中も強い眠気が現れます。日中の極度の眠気により、気分が悪くなったり無気力感を感じたり、集中力を低下させたりします。この症状を妊娠随伴睡眠障害と言います。

 

しかし、妊娠中期にあたる6か月ごろには障害が緩和されてきます。次に妊娠後期の9か月ごろになると、プロゲステロンの分泌量が減少し、エストロゲンというホルモンの分泌が増えます。さらに出産の不安や妊婦特有の疲れストレスが重なり、再び不眠の症状に陥ります。

 

睡眠不足を感じたら、まずは睡眠時間を確保するために昼寝をしましょう。妊娠後期は睡眠不足により日中の眠気に襲われます。無理せず眠くなったら寝ましょう。そして、寝つきなどを良くするために適度な運度も最適です。疲れすぎない程度に散歩などをして、心もリフレッシュさせましょう。散歩による適度な疲労感が睡眠を促してくれます。

 

妊婦はお腹が大きくなり、寝苦しく熟睡がとれない問題もあります。まずは楽になる姿勢を見つけましょう。その時にクッションを利用したり、寝る姿勢を変えるのが効果的です。

 

最後にお勧めしたいのが、アロマの利用です。特にラベンダーの香りがお勧めです。ラベンダーの香りは、出産に対する不安などのストレスを解消し、心に癒しとリラクゼーション効果を与えます。