早寝早起きで体内時計を整える

早寝早起きで体内時計を整える

最近、昼寝の効果が話題になっています。昼寝が睡眠不足や不眠の解消に役立つんです。少しの昼寝で日々の睡眠不足が補え、仕事の効率や勉強の記憶が良くなり効率的の物事を進めることができます。

 

しかし、昼寝をとる時間と昼寝の長さには注意が必要です。夕方に昼寝をしてしまうと、夜の睡眠に影響を及ぼします。さらに昼寝は15分から30分程度にしておきましょう。短い時間の昼寝が効果的です。昼寝でも長い時間寝てしまうと、目覚めが悪く眠気が残り、昼寝後の作業効率が落ちる場合があります。眠気があるようなら明らかに昼寝のしすぎです。気持ちよい目覚めが得られる時間で、長くても30分以内に昼寝をとどめましょう。

 

さらに不眠を解消するには体内リズムを整える方法があります。体内リズムを整える方法として、早寝早起きがあります。太陽の光と共に起き暗くなったら寝るという、本来動物の本能的に持っている体内リズムです。動物本来の体内リズムで生活することにより、体調が改善されていきます。

 

現代人は動物のようにはいきませんが、早寝早起きは睡眠の基本です。朝早く起きることにより、夜の睡眠が気持ちよくとることが出来ます。寝つきが良くなるのです。さらに日中にたっぷり日光を浴びることにより、体内リズムが正常に整えらえます。早寝早起きが快適な睡眠、不眠解消の基本となります。

 

人の睡眠は太陽の光や電機の明かりに影響を受けます。よって光をコントロールすることも大切です。寝る前は十分に室内を暗くしたり、朝日が入りにくくするように遮光カーテンを利用するなど工夫が必要です。

 

生活のリズムを見直す早寝早起きだけで多くの不眠が解消します。しかしなかなか不眠が改善しない場合は、専門医の診断を受けるのも一つの対策です。