睡眠の質を左右する寝室環境の作り方

睡眠の質を左右する寝室環境の作り方

不眠を解消するためにすぐに取り掛かれる対策は寝室環境の改善です。寝室環境は、部屋の温度や湿度、寝具、カーテン、窓などがあります。

 

まずは温度と湿度を見直してみましょう。睡眠に適した温度と湿度が分かっています。快適温度は、夏は約20℃で冬は約15℃、湿度は50%程度です。

 

そして布団の内部、寝床の温度も重要です。最適な寝床温度は約33℃、湿度が約50%です。寝ている時の体温や発汗などで寝床温度は変わってきます。ですので寝床温度を調節できるように布団や毛布を重ねて使用したり、寝巻きの枚数で微調整します。エアコンによる寝室の設定温度は冷房の場合25℃から28℃、暖房の場合は18℃から22℃が望ましいです。冷房の場合は冷気が直接体にあたらないように調節し、暖房の場合は加湿器による加湿で乾燥を防ぎます。

 

さらに寝ている時の外的な環境も大切です。音と光をうまく制御して快適な睡眠環境を作りましょう。人間は寝るときに明るさと音に敏感になります。物音が騒々しいときは、防音カーテンと二重サッシの窓に変えるといいでしょう。外部の光が明るいときは、遮光カーテンを使用し寝るときの明るさを制御しましょう。

 

人生の3分の1を過ごす寝室環境はとても大切です。温度、湿度、音、明るさなど寝室環境をうまくコントロールして、不眠の解消、快適な睡眠を手に入れましょう。

 

さらに寝室のインテリアを変えることにより、寝室の雰囲気をリラックスできるようにしましょう。カーテンを変えるだけでも雰囲気が大きく変わります。心と体がゆっくり休まる寝室環境を整えましょう。