睡眠の質を左右する布団の選び方

睡眠の質を左右する布団の選び方

熟睡するに布団選びが大切です。自分にあった布団を選ぶと、リラックスでき寝つき良く深い睡眠を得ることができます。

 

布団の幅は90cm以上のものを選びましょう。90cmに満たないと寝返りをうったときに敷き布団、マットレス、ベットからはみ出てしまいます。両手を広げた幅があれば安心です。

 

次に敷き布団やマットレスの硬さを選ぶ基準を確認しましょう。敷き布団やマットレスは硬さとやわらかさが重要です。寝ている時の理想的な姿勢は、仰向けになって体が軽いS字になる体勢です。人間の背骨のカーブが軽いS字になっているので、その形を保つのが最も楽な姿勢になります。

 

極端に肩や尻が沈んでしまい、変形したS字になってしまうと腰痛になります。やわらかすぎる、敷き布団やマットレスを使うとこのような状態になってしまいます。

 

さらに寝ている時の寝返りがしにくくなり、体の一部に極度に負担がかかりやすくなります。硬すぎる、敷き布団やマットレスを使うと、体の姿勢がS字にならず血行を留まらせてしまいます。適切な敷き布団やマットレスは、寝転がると体の力みが抜けるものです。

 

自分にあった布団や枕などの寝具を揃えることはとても大切です。さらにベットやマットレス選びも大切になってきます。寝具を取りそろえるときは、慎重に選ぶことをお勧めします。さらに最近は、枕の専門家、布団の専門家など寝具の専門家がたくさんいます。一度アドバイスをもらってから、布団、枕、マットレス、ベット選びをするのがいいと思います。

 

自分に合った寝具を選んで少しずつ不眠を解消しましょう。