【え?これでいいの?!】不眠症を健康的に解消するとっておきの方法

【え?これでいいの?!】不眠症を健康的に解消するとっておきの方法

 

あなたの不眠症はどのタイプですか?寝つきが悪い、途中で目が覚めてしまう、朝早くに目が覚めてしまう、睡眠が浅く熟睡した感じがしない… どの不眠症もつらいですよね。夜に眠れないと日中にボーっとしたり集中力が落ちてパフォーマンスが下がってしまいます。 どうして眠れないんだろう?と悩み、ストレスで悪循環に陥ってしまう…

 

このつらい状況を乗り越えるために一緒に解決方法を見つけていきましょう!

 

 

不眠とは?

 

睡眠で一番多い問題は何でしょうか?多くの方が不眠と答えると思います。不眠とは眠ることができない問題です。現代に生きる多くの方が様々なストレスにより寝れない、いわゆる不眠に悩んでしまう。なんと日本人の20%程度が、寝れない症状、不眠の症状を持っています。いつもより睡眠の時間が少なく、心理的、肉体的に、調子が悪くなることを不眠症といいます。

 

1ヶ月以上の不眠状態は長期不眠の症状であり、専門医の診断など本格的な対策が必要です。もっと期間が少なくなって、数週間持続してなかなか寝れない状態が短期不眠の症状です。

 

寝具が違うと眠れないことや、気になることがあって寝れないなど、周囲の変化や、心の状態が要因となり一時的に不眠に陥ることを一過性不眠と言います。比較的、周囲の状況を改善したり、心配事がなくなったりすると、一過性不眠や短期不眠は解消します。不眠の状態、不眠の症状を分類してみます。

 

【不眠症には大きく分けて4つのタイプがあります】

  • 早朝覚醒
  • 中途覚醒
  • 熟眠障害
  • 入眠障害

 

早朝に起きる、目が覚めてしまう。そして、それ以降眠ることができない症状は早朝覚醒です。特に年を重ねた方に多くある症状です。睡眠中によく目をさまし起きてしまう方は中途覚醒の症状です。すぐ目が覚めてしまう、眠りが浅いなど、熟睡できない症状のことを熟眠障害と言います。よく夢を見て熟睡できない方も熟眠障害です。しっかりと寝ているのに、満足のいく睡眠が得られない方です。寝つきが悪い症状、いわゆる寝ようとしてもなかなか寝れない症状があるときは入眠障害です。寝るまでに30分から1時間以上、時間が必要とすると入眠障害の症状です。しかし、一度眠りに落ちると朝まで起きず、朝まで眠ることができます。

 

このように不眠の症状はいろいろあります。そして不眠の要因も様々です。しっかりと不眠の要因、原因を追及して、不眠の症状を解消しましょう。

 

不眠の要因は?

 

いろいろなことが要因で不眠になりますが、最も多いのが精神の病気で不眠になる「精神的医学的要因」です。精神疾患によって不眠症状になることを指します。うつ病を代表とする精神疾患から不眠症になる人が多いと言われています。

 

精神疾患にはうつ病に加え、総合失調症、精神症があります。また、精神的・心理的なことなどが「精神的心理的要因」が不眠の主な原因となります。日常生活の心配や心配。精神的なストレスやショックなどで一時的に不眠となることがあります。

 

そして身体的なこと「身体的要因」でも不眠になります。かゆみやアトピーによる不眠、呼吸が困難になる肺疾患、心臓の病気である狭心症や心不全で不眠になります。

 

さらに、骨格筋の不自然な収縮であるてんかん、夜間ミオクローヌスという病気でも不眠を起こします。この場合は専門医の診察や治療により、不眠を治療していきます。さらに転勤や転職など環境の変化、睡眠時の環境による生理的な原因「生理的要因」により不眠になります。

 

いま問題となっているのが、薬物やアルコールの依存による不眠です。薬やアルコールに頼って睡眠を行う、依存症が問題になっています。寝付くことが出来ても、体や脳が休まるような深い睡眠を得ることが出来ず不眠症になってしまいます。

 

このように不眠は、人間の精神的、心理的、肉体的なことや外部の環境に大きく影響を受けます。時には専門医のアドバイスや診断を受け、しっかりと自分の不眠の要因や原因を把握しましょう。すぐには不眠の症状が改善しないかもしれませんが、少しずつ改善し不眠を克服しましょう。

 

不眠症の治療方法

 

不眠になったときあなたはどうしますか?不眠症を解消する治療方法や対処方法はいろいろとあります。一番即効性があるのが、専門家や専門医による診断と薬物治療です。主に薬物治療では「睡眠導入剤」という睡眠をうながす薬を処方します。世間では睡眠薬と呼ばれている薬物です。

 

この薬はスムーズな睡眠を導くために、睡眠前の不安を解消し取り除きます。精神を安定させる精神安定剤や抗不安剤が使用されることもあります。薬物のため、専門家によるしっかりとした処方を受け、容量を守って使用することが大切です。

 

専門医にかかる程度までいかない不眠の症状もあります。ストレスによる不眠の症状です。この不眠を解消するにはストレスのもとを取り除く必要があります。話すことによりストレスが解消、緩和されることがあります。友人、知人、家族、カウンセラーなどに悩みや不安などをヒアリングしてもらいましょう。

 

不眠は生活リズムの乱れ、生活習慣の乱れによっても引き起こされます。徹夜や暴飲暴食で生活リズムが崩れます。夜は12時までに就寝し、朝は7時までに起床し、朝日を浴びる生活を心掛けましよう。さらに日中は太陽の光を浴びながら体を動かすことにより、生活リズムが整います。

 

寝る前の状態によって不眠になりやすい場合があります。寝る前にカフェインの入った、コーヒーや紅茶を飲むことは、スムーズな睡眠の妨げになります。さらに寝具が合っていないと寝つきが悪くなるため、自分にあった硬さの布団やマクラを使用しましょう。いろいろ試したけど、不眠の症状がいっこうに改善しない時は専門医の診断を受診してください。

 

睡眠薬や専門医にかかる前にできること

 

病院に行ったり睡眠薬を服用することは随分とハードルが高いですよね。まずは自宅で気軽にできることから試してみましょう!

 

睡眠サプリという言葉を聞いたことはありますか?サプリメントは食事では補えきれない栄養を補給するための栄養補助食品ですよね。ここでは不眠の解消に活用できるサプリメントをご紹介します。睡眠をサポートしてくれる栄養素が配合されたサプリメントを取り、不眠症を改善していきましょう。

 

「メラトニン」

メラトニンは人間のホルモンの一つで脳の松果体から分泌される成分です。体内のリズムを整え、脳の睡眠と覚醒を調整します。加齢による睡眠障害はメラトニンの減少が原因と推定されます。

 

メラトニンの分泌サイクルは、夜間から朝にかけて多くなり、日中の分泌量が低くなります。よって適度にメラトニンを摂取することにより、睡眠障害を改善できます。メラトニンはアメリカではサプリメント扱いですが、日本では医薬品となるため処方箋が必要となります。

 

「セントジョーンズワート」

古くから不眠を解消するために使用されてきました。不眠症対策以外にも、うつ病やうつ症状の改善に効果があります。うつの症状の改善には医薬品と同じくらいの効果があり、大きな副作用がないのが特徴です。

 

「カノコ草のエキス(吉草根)」

不眠を改善するサプリメントとしては代表的なものです。バーブの一種でヨーロッパで広く利用されています。根の部分を利用しており、「バレリアン」として知られています。極度の緊張や興奮を抑え、精神の安定を促し睡眠を誘導します。さらに自律神経を正常にする効果ももっています。

 

「GABA(ギャバ)」

アミノ酸の1種であるGABAは癒しやリラックス効果をもたらすもので、食事に含まれています。もともと脳内に存在する神経伝達物質で、中枢神経系を制御抑制する効果があります。

 

ですので抗ガン作用、肝機能を活性化する効果、血圧の上昇を抑え、精神を安定化する効果があります。精神を安定させる効果があるので、不眠の解消にも効果が期待できます。

 

GABAは食事からとることもできますが、不眠症の場合それでは不十分なためサプリメントで補うように摂取すると効果的です。

 

「テアニン」

 

テアニンは日本人が良く飲む、お茶の中から発見されたアミノ酸の一種です。お茶を飲むと癒されるように、このテアニンには精神を安定化する効果やストレスを抑制する効果があります。テアニンを取るとアルファ波が出て高いリラックス効果をもたらします。ですので、就寝前に摂取すると寝つき良く快適な睡眠を手に入れることができます。

 

「ビタミンB群」

ビタミンB群は神経伝達物質の精製に補酵素として関与し、神経系を正常に保つ作用があり、赤血球を生成するために不可欠なものになります。さらに体内時計を正常にコントロールする効果があり、体内リズムを整えるのに最適です。

 

ここで紹介したサプリメントを上手く活用しながら、ご自身の不眠の解消、熟睡の促進に役立ててください。

 

睡眠サプリについては下記のサイトが参考になるのでご覧になってみてくださいね!
>>睡眠サプリランキング.com